振袖は、未婚女性の第一礼装です。成人式で二十歳を迎えた女性が着用している他、結婚式の披露宴で招待客の若い女性や、あるいは新婦が着ていることがあります。ひと昔前なら、未婚女性のお見合い時の礼装としても好まれました。
袖が大、中、小と長さが異なり、袖が長いほど豪華さも引き立ちます。せっかく持っているのなら、成人式の後、結婚式だけでなくちょっとしたパーティにも積極的に着用していくと、注目を浴びてとても喜ばれますし、海外からのお客様にも褒められます。パーティでは、食べ物をこぼしたりしないか心配になるでしょう。実は着物時に食事で食べ物や飲み物をこぼしてしまう危険は、洋服の時とあまり変わりません。それほど神経質にならず、食事を楽しんで大丈夫です。とは言え綺麗な着物を汚したくない気持ちは当然です。最近はレースでできた優雅な前掛けもありますから、前を覆って隠せるものを持参すると良いでしょう。

お値段はピンからキリまでさまざま

気になるお値段は、実はピンからキリまであります。友禅などで一からオーダーメイドで作る場合は、数百万円かかることもあります。そこまでお値段をかけられない人の方が多いでしょう。オーダーメイドでなく既製品で良ければもう少し安価で手に入ります。最近は、リサイクル着物ショップで中古のものが手に入るようになりました。着てみたい、憧れてはいるけれど、振袖の若々しすぎる色や柄がちょっと苦手、と思う人でも、リサイクルショップでは、ひと昔前のものが手に入りやすいので、色や柄が若すぎず、二十歳をだいぶ超えた人でも気後れせず着用しやすいという利点があります。ただし中古ですので、傷み、汚れは免れないことが多いです。神経質な人はきちんとチェックして、自分で修繕できそうなら思い切って購入すると良いでしょう。

既婚者だけど、最近はルールが緩いから大丈夫?

和装において、ミスの第一礼装とミセスの第一礼装はまったく異なり、これは絶対ルールと言われてきました。しかし時代と共にこのルールもかなり緩くなっており、TPOによりますが、未婚女性でも黒留袖を、ドレスアップのために着用するという事もあります。反対に既婚女性だけど振袖を着て大丈夫という場も増えてきています。二十歳の女性が着るような若々しい色と柄ではちょっと気が引ける、という場合、少しおとなしい色と柄のものを選ぶとよいでしょう。現代のように派手な柄になる前、明治や昭和初期はさまざまな色柄があり、中には普段着と大差ない柄のものもありました。骨董市やアンティークショップで状態のよい中古のものが見つかることがありますから、機会があれば探しに行くと良いでしょう。