振袖を着る機会というのは、何か大切な記念日であるはずです。最近は洋服を着るばかりで着物を着る機会は随分と減ってしまいました。夏の季節に花火大会や夏祭りなどで浴衣を着ることはあっても、本格的な着付けが必要になったり、小物やヘアセットも必要になると事前に準備をしたりしなければなりませんので気軽に着ることが出来るものではありません。普段着物を着ていないと、自分に似合う柄や色味がまず分からないものです。実は肌の色や背の高さ、体系などから似合う柄や色が変わってきますので、自分に似合う色味や柄が何であるか知ることが大切です。記念の日には写真やビデオを撮ったりすることになるでしょう。今後ずっと残るものですから、自分が思い描く素敵な姿を残したいものです。

身長の高い、低いで似合う柄が変わる

成人式の日に着たり、未婚の間にご友人やご親戚結婚式にご出席される際には振袖を着る事になるでしょう。この時に自分の好みだけで色や柄を決めてしまうと、実際に来てみた時に思っていた雰囲気とイメージが違うという場合がよくあります。まず、柄に関しては、浴衣や訪問着などでも共通して言われることではありますが、身長の高い方ほど大きな柄を選ぶ方が似合うと言われています。また、逆に小柄な方は柄は細かい柄を選ぶ方が良いとされています。実際に着てみないと柄の出方もイメージ出来難いものです。着物のお洒落の醍醐味でもありますが、色味も実際に合わせる帯や小物で印象が大きく変わります。どのような帯を合わせるのか、事前に試着する機会があれば、帯や小物も合わせてみると良いでしょう。

レンタルは時期が重なるので前もって予約

成人式の日は特に、振袖レンタルをする方の日程が重なる日です。今は多くの方がレンタルを利用する時代ですので、成人式のようにその日にしか着ることが出来ないという記念日にはレンタル予約が集中します。いざ予約をしようとすると、もう自分好みの物がなかったり、手ごろな価格帯でレンタル出来る物が残っていなかったりと残念なことになってしまうかもしれません。美容院の予約も成人式の日は朝からいっぱいになってしまいますので、美容院の予約を取ることが出来ないと焦るようなことがないようにしましょう。早い方は1年ほど前からレンタル呉服屋さんに試着に行かれます。レンタル呉服屋さん毎に持っている柄や色味はもちろん違いますので、自分の好みの1点を見つける為には何店か廻られると良いでしょう。