着物にはいろいろな種類のものがあります。
振袖、留袖、小紋、無地、訪問着、ほかにもいくつもあるのですが、それぞれに特徴があるので、そのことをしっかりと理解しておくことが大切です。
未婚、既婚に関係なく、女性が着ることができるもの、未婚の女性だけが着ることができるものというものがあります。未婚の女性だけが着ることができるものは振袖です。
未婚の若い女性が着用するもののなかでもっとも格が高いものです。その名の通り袖を振ることに由来して呼ばれるようになりましたが、他のもの比べて袖の長いのが特徴です。昔の若い未婚の女性は、この袖を使い、相手への自分の気持ちを伝えていたといいます。
現代では成人式で女性が着るものとして浸透しており、さまざまな柄と色があります。

それぞれに種類と特徴があるのを覚えておくといい

着物のなかでも女性が着用するものは華やかで、その場を明るくしてくれるような雰囲気があります。
それぞれに特徴があるといいましたが、未婚の女性が着るものにももちろん独特の特徴があるので、それを覚えておくといいです。たとえば、袖の長さによって、大、中。小の3つのタイプがあるといわれています。
大きなものは袖の長さが125センチで花嫁衣装などがこのタイプです。114センチのものははひとえに振袖と呼ばれ、花嫁のお色直しから成人式、謝恩会などに着用されるので見たことがあるという人が多いといえます。
留袖や訪問着などとの違いはこの袖の長さの違いでもあります。留袖は既婚している女性も着用するものなので袖を切って、既婚であることがわかるようになっているといいます。

現代は中袖から大袖を選んで着用する

中くらいのものは、袖の長さは87センチから106センチほどの長さです。成人式や謝恩会、披露宴、初釜といった、各種のパーティを訪れるときに着用すると華やかになるので最適です。
小さいものは、袖の長さが76センチから86センチほどです。ちょっとしたパーティや、十三参りの少女用に用いられることが多く、はじめてきちんとした着物を着るというときにはこの小さなものを着用する場合が多いです。
現代では、身長によって中から大きい袖の長さのものを着用する一般的になってきています。華やかでその季節によって印象の違う柄や色のものがあるので、合わせ方などを覚えておくととてもきれいに着用することができるので、若い女性から年配の方までいろいろな和服を着ておでかけをすることができます。